2008年12月05日

科学的リテラシーに関する調査結果(その3) - PISA 2006 Executive Summary 日本語訳&要約

(その2)はこちら

科学に対する態度

PISAでは「科学に対する態度」や「科学能力を日常生活で必要だと認識すること」は、個人の科学の教養を構成する重要なポイントだと考えられており、それらを把握するために次の4つの事項を調査しています。
  • 科学探求
  • 科学学習者としての自信
  • 科学に対する興味
  • 資源や環境に対する義務への思慮

結果として分かったことは家庭の経済力が高い生徒は、科学に対する興味が大きいということでした。また、両親が科学に関係した職業に就いている生徒は、より明らかな好成績を修めました。

意欲や態度は科学において特に重要ですし、また科学は今日の社会や経済で大きな役割を果たしていますが、学校で生徒たちはあまりやる気をもって取り組んでいないようです。

科学学習に関する事柄で注目すべきことは、次の3点になります。
  • 科学学習の継続した努力は公的支援に関わっており、支援の度合いによって市民の科学や技術に対する態度は左右されている。
  • 科学的、技術的進歩は人々の生活に密接に関わる重要な影響を与えている。
  • 科学に特化した人材を供給するには、科学に興味を抱く人々の一定した確保が必要で、15歳のときの科学に対する態度は、科学学習を継続し、将来、科学に関する職業に進むかどうかに影響している。


科学に対する価値観

科学に対する価値観を調べるために、科学に対する価値観を問う以下のA〜Cの質問に対して調査が実施されました。

  • A:科学は身の回りの事象を理解する上で役に立つ。
  • B:大人になったら様々な方法で、科学知識を活用する。
  • C:学校外で科学を活用する機会は多い。

PISA2006_science_literacy3.jpg

調査の結果、各設問に対して「YES」と回答した日本の生徒の割合が低く、日本の生徒の科学に対する価値観が低いことが明らかになりました。

(その4)に続く

(written by Sukekawa)
posted by ideamix at 22:16| 教育像の探求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする