2008年08月28日

ケータイリテラシー授業@和田中学校(2〜3時間目)

1時間目はこちら

2時間目「個人情報を守ろう」
2jikanme.jpg

そろそろ授業に慣れてきたところで、重要な個人情報のお話です。

個人情報という言葉はほとんどの生徒さんが知っていました。では具体例を挙げてみようということで、一人の個性豊かな和田中のボランティアさんに前に出てきてもらい、その人に関する個人情報を考えてもらいました。

出身地、年齢、性別、よく行くお店・・・たくさん挙がりました。今度はそれらの情報をもとに生徒さんが探偵になってその先生を探すことに。

そしてグループごとに捜索方法をまとめて発表してもらいました。これまた、どのグループも個性を発揮してユニークな捜索方法を提案してくれました。

こうして個人情報とは何かを学んだあと、次に考えたのは個人情報を提供することの危険性です。様々なケースを想定し、どのようにすれば安全なのかを考えられたと思います。

生徒さんが積極的に発言していたのが印象的でした。


3時間目「携帯電話と上手に付き合おう」
2jikanme.jpg

この単元では、ケータイと心の関係という視点から、自分とケータイの関係を見直して、ケータイと上手に付き合うためにはどうすればいいかを考えました。要は、ケータイに振り回されないようにしよう!ということです。

3時間目でだんだん疲れてきているであろう時間帯にもかかわらず、グループでの話し合いはどんどんレベルアップしました。

例えば、ケータイを持つことのよい点、悪い点の発表では「ケータイを持つと人間の基礎能力が低下してしまう」といった意見が中学1年の男子から挙がりました。他にも本当に中学生なのか?!と疑うほどの素晴らしい意見ばかりでした。

そして、中高生にとってトラブルの原因となりやすいメールの返信について考えました。

メールの返信は何分以内にするのがマナーなのか。今ケータイを持っていない生徒さんも、持っていると仮定して考えてもらいました。

生徒さんの答えは様々。そう、それでいいのです。メールの返信は、ごはんやお風呂、それから寝る時間といった普段の生活に影響するほど無理はしなくていいわけです。

そして「そもそもメールとはどんな風に使うものなのか」を説明しました。まだ実体験としてはわからなくても、みんな何かしらを掴んでもらえたと思います。これからも携帯電話と上手に付き合おう!


最後に

というわけで、この日の授業はおしまいです。みんな最後まで一生懸命参加してくれて、充実した授業となりました。これも学生ボランティアさんや保護者の方の協力があってこそ、だと思います。

生徒さんにとって、今回の特別授業が“ケータイについて考えるきっかけ”になっていただければ幸いです。私たちもこの授業を振り返って今後の教材開発に活かしたいと思います。

本当にありがとうございました!!
(written by Kuji Marie)

【関連記事】和田中の取り組みに関しては下記記事もご参照ください。

『校長先生になろう!』その1・2
http://blog.idea-lab.net/article/94117704.html
http://blog.idea-lab.net/article/94118753.html

杉並区立和田中学校「よのなか科NEXT」見学 その1・2
http://blog.idea-lab.net/article/95500566.html
http://blog.idea-lab.net/article/95500764.html

New Education Expo 2008 地域の教育力の再生の巻
http://blog.idea-lab.net/article/100229567.html
posted by ideamix at 10:59| 教材開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。